心の中

2010年4月28日 (水)

退院後の苦しみ

あっという間に、4月も終わりになりGWshineに突入しようとしています。

退院のコメントをくれた方々、どうもありがとうございました!
竜ちゃん・虎ちゃんはとっても元気ですheart04

子供たちの退院後、実家(rvcarで5分)に2週間居ました。
その後はメインを自宅に切り替え、
実家へは時々泊まりに行く感じにし、
慌ただしい毎日を過ごしています。

この1ヵ月、何より、人と関わる時の難しさを実感しました。。。

子供が産まれると、
色々な人が密に関わろうとしてきます(特に親類)。

もちろん、子育てを終えた人達のアドバイスとして一旦受け入れるのですが、子育てというものは日々変化するものです。抱き癖が付くから、泣いてもあまり抱っこしないようにという昔の厳しいしつけの様なものも、今は負担のない範囲でどんどん抱いてOK(子供が安心するから)になっていたり。。。ミルクの調乳温度が変わっていたり。。。虫歯菌がうつることが判っていたり。。。

「今は、こうみたいですよ。」

と言って納得してくれる人もいれば、あくまでも自らの意見を通したがる人もいたりします。

また、関わろうとする人が増えるほど、周囲の人間関係のトラブルとかも出てきて、私は間に挟まって。。。どうしたらいいんだろう。。。と、育児以外で悩む時が多くなり。。。

声を出さずに、夜中大泣きしていた日もありましたcrying

自分が思うような育児ができず。。。産んだのが双子じゃなければサクッと自宅に帰って、家族水入らずでのんびり育児ができるのに。。。双子だから何をやるのも周囲の助けが必要ということが苦しく、このままでは双子だということを後悔してしまうweep

と、育児以外で追い詰められてしまったので、
(本当は1ヵ月丸々実家に居るつもりだったのを)
早めに自宅houseに強行して戻ってきたのです。

自宅での育児はとても楽しいですclover

私のゆったりした気持ちが伝わるのか、
2人もとても良い子で、落ち着いて自分の育児ができています。

もちろんいっぱい泣くけど、
こんなに泣いて不満を訴えることができるようになったこと!
嬉しくて全然イライラしませんhappy02

産まれてきてくれたこと、
元気に退院してくれたことを感謝し、
毎日いっぱいほっぺにチューしてますcoldsweats01

2倍の育児は本当に大変だけど、
こんな経験ができることにも本当にheart感謝heart


竜・虎が生まれて127日目(4ヶ月6日)
memo:次回は退院後の検診について
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

慢性甲状腺炎と本日の診察

私の持病の一つ、

「慢性甲状腺炎(橋本病)」について書きます。

甲状腺機能低下症で、一時期TVで言われていたバセドウ氏病の逆バージョンです。甲状腺から、身体の機能を調節するホルモンが出ているのですが私はその調節するホルモンが人より出ていません。抗体が多く、甲状腺から出るホルモンを打ち消してしまっているような感じだと理解しています(違うかも?)。

一般の人が甲状腺で作られているホルモンが少ないので、
毎日薬でそのホルモンを足してあげています。

私にとってはビタミン剤の様なもので、死ぬまで飲み続けますが、薬を飲んでいれば一般の人となんら変わりはありません。

この病気が発覚したのは、働き始めて2年目。

仕事ですごくストレスのかかることがあり、めまいと吐き気で動けなくなりました。始め、耳鼻科でメニエル病の検査をし(それは正常で)、その後内科にて橋本病が発覚しました。

そういえば、母も毎日薬を飲んでいました。。。
母も橋本病で、どうも遺伝のようです。
(早く教えておいて欲しかったけどsweat02)。


そして、本日内分泌代謝科&産婦人科の受診をしてきました。

青木を卒業するときに、今後甲状腺ホルモンの薬「チラージンS」の量の管理を細かくしてもらうように何度も指示を受けていたのです。

ただ8月に入り、高熱を出した際は青木先生の指示で一時期チラージンSの服用を中止しました。チラージンSがつわりをひどくするようで、熱との効果で水分摂取もままならなくなるとお腹の子が育たないので。。。という理由でした。1週間ぐらいです。

今後は赤ちゃんの神経や脳を作っていく段階でこの薬が非常に重要だから必ず飲むようにとのことでしたが。

本日の代謝科の先生は若い先生。
高熱が出た際に、一時的にチラージンSを中止したことを

「そんなことは聞いたことがない」

と一蹴され、

「産婦人科医に言われてやめちゃったの?内科の先生にはかかってないんでしょ?(実際はかかりました)死ぬまで飲むように言われていた薬をやめたら、あなたの体はどこからもホルモンを作れないんですよ。う~ん、今後は○○先生(内科のボス)の予約を取るから、その先生の指示に従ってね。」
「チラージンS飲まないと赤ちゃんが○○病とか(何か神経に関する病気かな?)になるんだからね。妊娠は現在順調なんですか?」

もう、ダメ押しです。

薬の重要さも、それが赤ちゃんに与える影響も全て知っています。青木クリニックで中止するよう言われた際も、その辺りの心配をもちろんクリアした上での中止でした。

赤ちゃんに問題が出るかもしれないと、不安だけを残し診察は終わり。血液検査も今回なく、次回からは内科のボスへバトンタッチ。

不育症とも伝えたのに、不安にさせることばかり言ってどうするんだろう。。。と、心の中では思いました。でも、現実は仕方ないんでしょうね。思いやりのある言い方のできる医者ばかりとは限らないし、まだすごく若い医師だったし。

私は、一時期薬を中止した事を後悔していないし、
青木先生を信じています。

次回からの内科の先生が、
あまり怖いことを言わないといいなconfident


産婦人科での受診は、赤ちゃん6.5cm程で元気に動いていましたheart02ただ、経膣エコーでは、もう赤ちゃんたちが見にくいらしいです。でも、お腹からのエコーではまだ小さい。微妙な大きさらしく、一人、どうしても頭の部分がはっきりエコーには写りませんでしたbearing大丈夫だと思うけど、注意して診ていこうということになりました。

胎盤が一つしかない双子ちゃんなので、検診は2週間に1回。
目標は30週で1500g/1人sign01
(この時点で、恐らく帝王切開。)

それまでに、赤ちゃんたちの大きさが違ってくれば、管理入院or大学病院への転院、レーザーでの治療等を考えるそうです。

一応予定日はH22/3/8なんですが、
恐らく12月末~1月中には産まれてしまうのでは?という感じです。

今後も色々あると思うけど、
まずはまだまだひどいつわりと闘いますpunch
(一体いつ終わるんだろう。。。
一日何度も嘔吐はきついんだけどな。。。)。



(12w4d)
チラージンS25×3
  にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へにほんブログ村 マタニティーブログ 不育症から妊娠へ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

不安

陽性反応後、自分でも驚くほどあまり心配していませんでした。

不育症の治療を始めての、初めての妊娠だしきっとうまくいくよnoteという、楽観的な考えがからです。

月曜日に胎嚢の確認をし。。。

ここまでは、不育症の治療をせずとも毎回たどり着いていたんです(大きさとかはあるけど)。

いつも、ここから胎嚢育ってないね。。。となっていました。

次回エコーをする時に、また育ってないんじゃないか。。。または、来週の受診を待たずに出てきてしまうんじゃないか。。。。という不安が大きくなってきました。

嫌な記憶がtyphoonぐるぐる。

夜も、お腹が何だか痛くなってきた感じもあり。。。
ただの胃痛や胸焼けの症状か、打ったピシバニールの影響で子宮付近の不快感じゃないのか、自分でもよく判らなくなってきましたdespair

内臓のどこかが不快なんですが、子宮の鈍痛なのか他なのか。。。

心配しても仕方ないのに。怖くて、怖くて。。。



カプロシン0.15ml×2自己注射・チラージンS25×3
バイアスピリン
  にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へにほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

決心

予定で行くと、あと1~2日でリセット予定です。

明日はhospital病院の予約が入っています。

悩んだけど、しばらく今の病院に任せて治療に専念してみたいと思います。(前回の記事でうだうだ言ってしまいましたが。。。)

新しい病院での本格的な治療は次周期からsign01
仕事も休んでストレスは殆どない状態も次周期からsign03
前回自然妊娠していても今は不妊原因も見つかっているわけだし、今しばらくは信頼して治療してみた方が自分も納得できると思ったんです。リセット毎に悩んでいてはダメですね。少し先を見据え、前向きにconfident通院したいと思います。

不妊治療は継続がカギkeyって聞いたこともあります。
頑張ってみよう。


今は気分も落ち着けて、バックを編んでいます。
タフロープのような紐をかぎ針で編んで。。。結構力が要ります。
左手が痛いsweat01


 
  memo当帰芍薬散
  周期28日目 基礎体温【36.71】度
  にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ←クリックして応援お願いします。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

2匹増えましたetc...

まとまりのない文章になりそうです。

お家にいるとTVtvから色んなニュースが耳earに入りますね。
今日聞いたのは。。。赤ちゃんが川に浮いていたって。。。産み捨て?みたいな報道だったけど。。。心が痛みます。
こんなにこんなにベビちゃんを望んでいる人たちがたくさんいるのに、どうしてそういうところにベビちゃんは降り立ってしまうんでしょう。。。悲しいです。うちに来たら、可愛がってあげられるのになぁって、きっとベビ待ちの人たちはみんな思うでしょうね。想いだけではどうにもならないことが、世の中にはたくさんあります。仕方ないことですが。。。悲しいですweep

そして今、昔読んだ本や漫画を読み返したりしていますが、
ふと目にとまった作者のあとがきの言葉。。。

「そっかー大変よねー」よりも「そーそー。そーなのよねーっsweat02の一言が欲しい時もある。

最初にブログを始めたきっかけが、私と同じような状態・気持ちの人と話がしたいsign01という思いからでした。
流産後、どうして私だけがこんな状況になっているのsign02
と、とっても狭い視野で、身勝手な考えをしていましたsweat01
旦那にも「周りにいないだけだよ。確かに少ない確率の方に入ってしまったのかもしれないけど。。。他にも色々な意味で苦しんでいる人たちがたくさんいると思うのに、そういった人たちに失礼だよ。」みたいな事を言われた気がします。

掲示板やらサイトを探し、結局はブログに辿り着いたんですが。。。
辿り着けて良かったなぁと思っていますconfident
きっと、上記のようなニュースも感じ方が似ているんじゃないかと。
共感できるということは、本当に力になります。

そして、今自分がゆったりした状況にあるのも、旦那や先生や友達やブログで知り合った方々と、背中を押してくれた人たちが多かったこと。。。感謝しています。


ここからは全然別話ですが。。。

Cimg13512 今日届きましたnote

宅急便presentで 届き、ダンボールを開けるとこんな感じでした(写真見難いけど丸で囲んだ所に2匹。)Cimg1360_new_2

右の写真のような顔の子がいます。

5㎝ぐらいの大きさ。

うちのウーパールーパー(ブラック)はブログ立ち上げ当初は3匹だったんですが、今年に入り1匹(3歳・現在22㎝♀)だけになっていました→その時の記事

春になり、現在のウパーのお婿さん候補を育てようと増やしました。

Cimg1344 ちなみに今の子はこんな感じ。無理やり土管に入ったりして遊んでいます。

のんびりと、愛らしい泳ぎを観察したいと思います。

 
  memo当帰芍薬散
  周期24日目 基礎体温【36.71】度
  にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ←クリックして応援お願いします。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009年3月31日 (火)

顔面蒼白?膠原病発症?

題はちょっと意味が違うかもしれないけど。。。

顔が白いです。美白とか色白?とかそういう意味ではなく、あれsign02これ何かおかしい?みたいに白いんです。急に。

夕方職場のトイレの鏡を何気なく見て、白すぎない?と思い、その後帰宅直後の旦那に指摘され、膠原病が発症したのではないかと心配されていますweep

いつかブログに書くpencilと結構前に言っていましたが、私は抗リン脂質以外に膠原病を持っています。

spadeシェーグレン症候群
spade混合性結合組織病

この2つです。2月に膠原病内科での精密検査で解かりました。
今のところ症状はないので治療の必要はないです。
ただ、妊娠出産には抗リン脂質を含め、リスクが大きいみたい。。。
妊娠出産は完全に×ではないけれど、良く考えるように言われちゃいました。

詳しくは調べ途中のこともあるので、追々記事にします。

とりあえずこういった病気が身体に眠っている状態な私。
日常生活で、手が白くなる(レイノー現象)とか不明熱が出る、関節が痛い・こわばるetc...症状があれば膠原病内科にすぐ来るよう言われています。
顔が白くなる?は聞いたことないんだけど。。。gawk手が白くなるの延長線上で顔も白くなるのかしら。

旦那は、怖いからhospital行こうと言いますが。。。明日は4/1sign01仕事が新しい体制でスタートする日。上司も替わるし隣の人も仕事内容も変わるし、休めないよwobblyその次も休めないけど。。。そんなこといってたら、病院なんて行けなくなるかな。

ちなみに今日は、腹痛がひどくて歩けなくなったので朝1時間だけ遅刻させてもらいましたsweat01休めない中無理言っちゃいました。あぁ~明日どうなるのかなぁ。
そして、夜完全にリセットしました。お腹はまだ痛いですdown
精神的にも大分落ちているのでdowndown
それで血流悪くなり顔白くなった?
今のこの状態だと、仕事で窓口に来る赤ちゃん連れ・妊婦さんに思わず号泣してしまいそうになります。今日は一日涙ぐむ。。。ところまでは何回かいきました。
職場でこれってまずいです。。。どうしよう。。。


  
  周期1日目 基礎体温【36.20】度
  にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ←クリックして応援お願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

お腹がおかしいっ!

お腹おかしいです!!

昨日のように出血はしてないんですが、
ひどい生理痛の様な、鈍痛が下腹部に続いています。

生理が始まったときに感じるような痛みが一日中。。。
おかしくないsign02これ、おかしいよねsign01

生理が始まったに違いないと思ってtoilet行くと、全然だし。
もちろん妊娠反応はないしgawk

でもとにかく、ものすごく痛いんです。
昨日出血があってから徐々に。。。そして今日は本当に痛い。
病院行った方がいいかなぁと思うぐらい。
バイアスピリンやデュファストンの影響sign02ん~ストレスだけなのかな。
ストレスで生理痛の様な痛みが続くのかしら。分からないことだらけsweat01不安です。


でも、とりあえず同期が用事があってうちへ来たのを良いことに、旦那を交えて3人でカラオケkaraokeに行って来ましたcloverhappy01
ちょっとは気分が晴れるかな?と思いましたが、終わった途端どよ~んdowndownとして同期にも心配されました。同期は状況よく分かってるからね。。。
その後も当たり前のように鈍痛が続いているし。あぁ、貴重な着床期にこんなんじゃ今期もったいなかったと反省してますsweat02反省してもどうしようもないけどwobbly

あぁ~とりあえずいいことは、味方が多いってことかな。

職場にも、私生活にも、ブログにもnote味方の人たちを支えに、ベビ待ち重視で進んでいきたいと思います。頑張りすぎずに頑張りますpunch


  memoデュファストン×3  
  周期24日目 基礎体温【36.54】度
  にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ←クリックして応援お願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

友達の赤ちゃん

旦那との共通の友人のところに、2人目の赤ちゃんが産まれました。
もうそろそろかな?と、思っていたので素直に「出産祝い何にしようね~」って感じでその場は過ぎました。

この友人の二人目の妊娠を知ったとき、私は2度目の流産直後でした。あの時は、一晩中泣いて旦那にずっとずっとあたっていました。
「私も2度妊娠してるのに、何で赤ちゃんは0人なのsign02どうして、ねぇどうして?」と、繰り返し繰り返し言っていた記憶があります。本当に本当に悲しくて・・・weep

私も順調だったら、今頃ママでした(出産予定日’09.1.27←一人目)。あのときの子は、今お空でどうしているだろうか。産んであげられなくてごめんねって、何度思っただろう。。。

つい最近、旦那と子供の話しをしていて、
「私の病気のせいで、お腹で頑張っていた赤ちゃんを殺してしまった。だから私は殺人をしたのと同じなんじゃないかな。」
と、私は言ってしまいました。とても心が弱っていたときだった気がします。
すぐに、旦那に否定され、流産に苦しんでいる人たちは、みんな犯罪者になるのか?それって失礼じゃない?と怒られました。
はっとしました。
流産を繰り返し、それでも頑張っている人たちはたくさんいるのを知っていて・・・私はなんて失礼なことを考えていたんだろうとdespair
ブログを始めて、同じ苦しみを持っている人たちがとても多いことを、今まで以上に見てきたはずなのに。。。
ごめんなさいsweat02
もっと、精神的に強くなって、お空の赤ちゃんたちが私のところへ来たくなるようにならなくちゃsign03

とりあえず、友人には何送ろうかな。
会いに行ける自信はまだないけど・・・。それでも、泣きまくっていた昨年の夏よりは落ち着いて、人の出産を祝ってあげられるぐらいには精神状態も回復しています。時間ってすごいなぁ。あの時はもうこの世の終わりみたいな気持ちだったのに。

周期19日目 基礎体温【36.34】度

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ←ぽちっとクリックお願いします→にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)