« 一難去ってまた一難 | トップページ | 入院へ »

2009年12月 1日 (火)

帰宅。。。そしてまた転院。

昨日は入院かsign02と、思いきや帰宅できました。
とは言っても、大丈夫!と言われての帰宅ではありませんsweat02

長良医療センターでの診断は

双胎間輸血症候群(TTTS)と
診断名がつくかつかないかのギリギリのライン。

2人とも、胃・膀胱確認できるし心臓の血液逆流もない(2人とも心臓に負担がかかっているわけではない)とのことconfident

体重差もほとんどなく、すっごく元気に動いていましたclover
ずっと2人の胎動を感じるし、元気なのは信じてましたが。

とりあえず、赤ちゃんに問題が起きているわけではないようです。

ただ。。。
1人(ひなちゃんの方)の羊水が多いことは確からしいです。

ひよちゃんの羊水が少ないわけではなく、ひなちゃんの方が多すぎるだけみたいでsweat01
これも、治療をするかどうかの瀬戸際の多さとのこと。

ただ、こういった症状は1、2日で急激に変化してしまうようなので、
管理入院を勧められました。

今後羊水が多くなるようなら、ひなちゃんの羊水を物理的に抜く治療をした方が少しでもお腹に入れておける期間が長いのでは?という感じ。

今回訪れた、長良医療センターは全国でも数か所(多分5か所)しかない、TTTS発症後、胎盤の中の問題のある血管を焼き切る治療ができるところです。

ただ、私の場合はもう26週になるため、TTTSを発症したとしてもこの治療は適用外とのこと。胎盤のレーザー治療をするぐらいなら、早産で出産させてNICUで様子見の処置がとられる週数らしいです。

私はまだそこまでの治療が必要でないこと。
(このままでも、もう少しもつだろうとは言っていました)。

長良医療センターでしかできない治療はもう適用外のこと。

県外の病院で遠いこと(rvcarで2時間くらい)。

それらを加味して、県内で胎盤内の羊水量を抜く治療ができる病院へ管理入院してもらった方が負担が少ないだろうと言われました。レーザー治療をしないのであれば、羊水を抜く治療は可能な病院が多いらしいです。

このまま長良医療センターで入院となり、そのまま羊水の治療をしたとすると。。。羊水の治療後はお腹がとても張るそうで、張り止めの点滴をしつつ出産まで動けなくなってしまう。。。出産後は赤ちゃんがNICUに入っているため毎日母乳を届けないといけない。。。先生は色々考えて、こう言っていました。

何にしても、今緊急に治療が必要な状況ではないですheart04

ただ、数日で悪化する怖さを抱えているのは間違いないですdespair

一応、診療情報提供書なるものを受け取り、今まで通っていた総合病院で判断をしてもらうように言われ帰宅しました。


そして、帰宅後総合病院hospitalの担当の先生から電話がありましたsign03
総合病院の医師から直接電話って!ちょっと驚きです。

どうも、長良医療センターの先生→総合病院の担当医へ診察結果の電話をしていただいていた様子。すばやい。。。一応診療情報提供書もらったのに、何て丁寧な対応だろう。。。それほど緊急の管理が必要ということかな。。。wobbly

電話の内容は、私が通っていた総合病院では、
いざ羊水除去の治療が必要となった時に対応できないとのこと。

よって、名古屋の日赤病院にまた一時転院です。

私に電話をくださる前に、総合病院の担当の先生が直接日赤病院と連絡を取って、私の状況を話してくれたようで、緊急で一番早い予約が取れる時間を抑えてくれてくれていました。
医師の連携ってすごいですねsweat01

とりあえず、明日の12/2の水曜日、また診察に行ってきます。

どうなるか全く判りません。。。

羊水除去治療だってもちろん!恐怖です。。。どうやって行うの?直接お腹に針??ひな・ひよちゃんたちへのリスクは??

でも、少しでも長く、2人が私のお腹に留まってくれるよう最善の選択を旦那とともにしたいと思っています。

ここまで育ってくれた2人を、元気いっぱいに産んであげたい。

その為に、今できることは頑張らないとpunch

ひなちゃん、ひよちゃん、一緒に頑張ろう。
あなた達のお父さんも、
元気いっぱいの2人との対面を心待ちにしてるよnote



(26w1d)
チラージンS50×2
  にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へにほんブログ村 マタニティーブログ 多胎妊娠へ

|

« 一難去ってまた一難 | トップページ | 入院へ »

妊娠中期」カテゴリの記事

コメント

遠い所、お疲れ様です。とりあえず入院じゃなくて良かったです。。
病院間の連携ってすごいんですね。。そんなに、親切に(?)して貰えるんですね。。
羊水除去、、怖いですね・・・。でも、私達(もし私が逆の立場でも)きっとそんな事軽々乗り越えていけます。。ひなちゃんとひよちゃんに何かあったら・・・て思うと怖いけど。。でも、お医者様が最善を尽くしてくれます。。
とりあえず、明日ですね。。
関係ないけど、日赤小さい頃入院してた思い出の病院です。。

投稿: ぶう | 2009年12月 1日 (火) 11:48

budぶうさん

意外と長良も名古屋高速で1時間半で着きました。
日赤はその半分の時間で行けるので、
近いに越したことはないんですがcoldsweats01

私の担当医が、
とても心配しているため色々な手段をとってくれています。
とてもありがたいことだと思いますよ。
なので、あとは医者の意見を聞き、最善の判断をするだけです。
あとはお任せですね、医師に。
どうなるか判らないけど、ぶうさんが幼いころ入院していた病院、
明日行ってきますrvcardash

投稿: みふぃ | 2009年12月 1日 (火) 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152870/32440385

この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅。。。そしてまた転院。:

« 一難去ってまた一難 | トップページ | 入院へ »