« 発熱、再び。。。 | トップページ | 友達 »

2009年8月28日 (金)

慢性甲状腺炎と本日の診察

私の持病の一つ、

「慢性甲状腺炎(橋本病)」について書きます。

甲状腺機能低下症で、一時期TVで言われていたバセドウ氏病の逆バージョンです。甲状腺から、身体の機能を調節するホルモンが出ているのですが私はその調節するホルモンが人より出ていません。抗体が多く、甲状腺から出るホルモンを打ち消してしまっているような感じだと理解しています(違うかも?)。

一般の人が甲状腺で作られているホルモンが少ないので、
毎日薬でそのホルモンを足してあげています。

私にとってはビタミン剤の様なもので、死ぬまで飲み続けますが、薬を飲んでいれば一般の人となんら変わりはありません。

この病気が発覚したのは、働き始めて2年目。

仕事ですごくストレスのかかることがあり、めまいと吐き気で動けなくなりました。始め、耳鼻科でメニエル病の検査をし(それは正常で)、その後内科にて橋本病が発覚しました。

そういえば、母も毎日薬を飲んでいました。。。
母も橋本病で、どうも遺伝のようです。
(早く教えておいて欲しかったけどsweat02)。


そして、本日内分泌代謝科&産婦人科の受診をしてきました。

青木を卒業するときに、今後甲状腺ホルモンの薬「チラージンS」の量の管理を細かくしてもらうように何度も指示を受けていたのです。

ただ8月に入り、高熱を出した際は青木先生の指示で一時期チラージンSの服用を中止しました。チラージンSがつわりをひどくするようで、熱との効果で水分摂取もままならなくなるとお腹の子が育たないので。。。という理由でした。1週間ぐらいです。

今後は赤ちゃんの神経や脳を作っていく段階でこの薬が非常に重要だから必ず飲むようにとのことでしたが。

本日の代謝科の先生は若い先生。
高熱が出た際に、一時的にチラージンSを中止したことを

「そんなことは聞いたことがない」

と一蹴され、

「産婦人科医に言われてやめちゃったの?内科の先生にはかかってないんでしょ?(実際はかかりました)死ぬまで飲むように言われていた薬をやめたら、あなたの体はどこからもホルモンを作れないんですよ。う~ん、今後は○○先生(内科のボス)の予約を取るから、その先生の指示に従ってね。」
「チラージンS飲まないと赤ちゃんが○○病とか(何か神経に関する病気かな?)になるんだからね。妊娠は現在順調なんですか?」

もう、ダメ押しです。

薬の重要さも、それが赤ちゃんに与える影響も全て知っています。青木クリニックで中止するよう言われた際も、その辺りの心配をもちろんクリアした上での中止でした。

赤ちゃんに問題が出るかもしれないと、不安だけを残し診察は終わり。血液検査も今回なく、次回からは内科のボスへバトンタッチ。

不育症とも伝えたのに、不安にさせることばかり言ってどうするんだろう。。。と、心の中では思いました。でも、現実は仕方ないんでしょうね。思いやりのある言い方のできる医者ばかりとは限らないし、まだすごく若い医師だったし。

私は、一時期薬を中止した事を後悔していないし、
青木先生を信じています。

次回からの内科の先生が、
あまり怖いことを言わないといいなconfident


産婦人科での受診は、赤ちゃん6.5cm程で元気に動いていましたheart02ただ、経膣エコーでは、もう赤ちゃんたちが見にくいらしいです。でも、お腹からのエコーではまだ小さい。微妙な大きさらしく、一人、どうしても頭の部分がはっきりエコーには写りませんでしたbearing大丈夫だと思うけど、注意して診ていこうということになりました。

胎盤が一つしかない双子ちゃんなので、検診は2週間に1回。
目標は30週で1500g/1人sign01
(この時点で、恐らく帝王切開。)

それまでに、赤ちゃんたちの大きさが違ってくれば、管理入院or大学病院への転院、レーザーでの治療等を考えるそうです。

一応予定日はH22/3/8なんですが、
恐らく12月末~1月中には産まれてしまうのでは?という感じです。

今後も色々あると思うけど、
まずはまだまだひどいつわりと闘いますpunch
(一体いつ終わるんだろう。。。
一日何度も嘔吐はきついんだけどな。。。)。



(12w4d)
チラージンS25×3
  にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へにほんブログ村 マタニティーブログ 不育症から妊娠へ

|

« 発熱、再び。。。 | トップページ | 友達 »

日常生活」カテゴリの記事

心の中」カテゴリの記事

私について」カテゴリの記事

コメント

大変でしたね。
まあ、医師も専門が違うとほかのことは分からないものでしょうけれど、
もう少し医師同士が連係とってくれるとこっちも助かりますよね・・・。

私も他に持病があるのでお気持ち分かります。

赤ちゃん、大きくなりましたね!
双子ちゃんは憧れですが、
やはり二人産むのだからとっても大変なんですね。

応援しています!
遅ればせながらひたひた後を追う(笑)うるまでした。


投稿: うるま | 2009年8月28日 (金) 18:53

みふぃさん、こんにちは。

いくつか病院を受診されている場合、
先生の意見の相違が出て来ますよね。
でも1週間の断薬の判断は、
全て双子の赤ちゃんのためですものね。
私も青木先生を信じています。

順調に育ってくれているようで、私も嬉しいです☆
応援していますね!

投稿: るる | 2009年8月28日 (金) 21:12

不安にさせるようなことをいう先生、どこにでもいますよね…でも、青木先生を信じることでここまで大きくなってきた赤ちゃんたちです。大丈夫!しっかり考えてくれた上での結論ですconfident週数を考えて今なら中止しても大丈夫ということだったのではと思います。
次は思いやりのある先生だといいですね♪
赤ちゃんすくすくと元気そうでよかった。先のことは不安でいっぱいだと思いますが、どうかつわりが軽くなって、みふぃさんが楽しいマタニティライフを送れますように!!

投稿: チャア | 2009年8月29日 (土) 00:12

内科の若い先生、もうちょっと言葉を選んでくれたらいいのにねbearing
だけど、その先生は先生できっとみふぃさんと赤ちゃんのこと気遣ってくれたのかな。。
不器用なのかもしれないね。
一時お薬を中断したことはちゃんと青木先生の指示を聞いているし、みふぃさんが先生を信じて決断したんだもん。
間違った選択じゃなかったって私も思うよ。
きっと私でもそうしてたと思う。
持病を抱えながら不育症を抱えながらの、一卵性双子ちゃんの妊娠は大変かもしれないけれど、縁があってみふぃさんのお腹に来てくれた大切な大切な赤ちゃんたちだもんね♪
まだまだ乗り越えるべき壁が出てくるかもしてないけれど、頑張ってねshine
私も微力ながら応援していますsign01

投稿: きんぶた | 2009年8月29日 (土) 08:23

私も、青木先生を信じます。。ベビズは強い。。そして私達も強い。。
その若い先生がどんな影響を残すって言われたかは、分からないし、簡単には言えないけど、でも、絶対、生まれてきてからもベビズを守っていけます。。
ボスがもう少し、見識が深くて怖いこと言わないでくれるといいですね。。双子ちゃん、、2週に1度の診察なんですね。これからもなかなか大変な事もあるかもだけど、、乗り越えて無事出産までたどり着きましょうね~

投稿: ゆう | 2009年8月29日 (土) 11:17

budうるまさん

やっぱり医師も、経験の多さが重要なのかなぁと思いました。
まだ若い医師だったので、これから色々と学んで
患者の気持ちを重視する医師になってほしいと思います。

赤ちゃんたちは、おそらく大きくなってくれています。
あまり見えなくて細部まで確認取れませんが、
そのうちもっと見えるだろうって勝手に考えてますcoldsweats01

投稿: みふぃ | 2009年9月 7日 (月) 12:14

budるるさん

そうですね、どの医師もやっぱり専門があるので、
それぞれどこを信頼するかは難しい判断です。

それでも、ここまで赤ちゃんたちが育ってくれたのは初めてですし、
それはやっぱり不育症の治療を信じてしていたからだと思っています。
なので、今までの判断は正しいと私も信じていますconfident

投稿: みふぃ | 2009年9月 7日 (月) 14:48

budチャアさん

おそらく、断薬はチャアさんの言ってくれたような判断だったんだと思います。
その時に、もちろん私も確認していますしconfident
今週会う先生は、一度診察を受けたことがありますが、
とても親切で優しそうな先生です。
何て言われるか判りませんが。。。きっと大丈夫な気がしますnote

つわりの状態は日々違って良くなっているのかよく判りませんが、
あとちょっとで元気になる!と信じてます。

投稿: みふぃ | 2009年9月 7日 (月) 14:53

budきんぶたさん

ありがとうございますhappy01
そうですよね、縁あって私のお腹に来てくれた二人のベビちゃん。
ちゃんと産まれてきてくれると信じてあげないとかわいそうですよね。
まだまだ、これからも予想外の壁があると思いますが、
後から笑って思い返せるぐらいだったらいいなぁと考えてますnote

今週は2回も受診があるので、
また発熱とかしてしまわないように体調を整えます!

投稿: みふぃ | 2009年9月 7日 (月) 15:00

budゆうさん

そうですよね!
不育症の私のおなかでも、ここまでちゃんと育ってくれたこの子たちは強いですよねsign01
もちろん青木先生も信じていますし、
今回の内科医と会うことは今後あまりなさそうなので
気にしないことにしますconfident

検診は普通の倍にしたいと言われました。
また入院の準備もしておいてと、行く度に言われますsweat01
今後予想外のことが色々あるんでしょうね~。
今つわりに苦しんでいますが、
今はまだ穏やかな日々の方なのかも。。。
って、思っちゃいます。

投稿: みふぃ | 2009年9月 7日 (月) 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152870/31140354

この記事へのトラックバック一覧です: 慢性甲状腺炎と本日の診察:

« 発熱、再び。。。 | トップページ | 友達 »