« ベビーシューズ制作 その後 | トップページ | 通院(内分泌代謝科) »

2009年2月 9日 (月)

カミングアウトと心の揺れ

2日前ですが…2月7日(土)
私の不育症…主に「抗リン脂質抗体」について、旦那の両親にお話ししてきました。
慢性甲状腺炎(橋本病)のこと、SLE(エリテマトーデス)の危険性等々。。。
もともと、旦那の両親には、とてもよくしてもらっていて理解もとてもあります。
何より、子供を産むということより、私の体を一番に考えて意見してくれます。
本当はとても、孫の顔が見たいはずなのに。。。昨年私のお腹に宿った子は、初孫になるはずだったのに。。。

義父は、私が初妊娠した時にはとってもとっても喜び、会社で浮かれていたそうですcoldsweats01
あまり感情的にならない、穏やかで優しく、でも芯はしっかりしているお義父さん・・・流産の一方にも、とても落胆して私を気遣ってくれました。
お義母さんも、子供のことより、まず私が健康で夫婦仲良く暮らしてくれることが大事だと繰り返し言ってくれます。

そんな二人に、私が子供をとても望んでいること。妊娠後治療を進めていく上で頼ることがあるかもしれないこと。いろいろな話をしました。

お義父さんは、「命だけは削ってくれるな。それだけ解っていれば、あとは二人が納得した道を歩めばいい。」とのこと。
命・・・私は、産めるなら私の命をかけてもいいと思う気持ちもあります。どうして今、こんなに子供が欲しいと思うか、私自身のことなのに、よくわかりません。いつも「このまま二人でも楽しいのにリスクを背負う必要があるのか。。」「子供が産めなければ、私は生きている意味はないんじゃないか。。」いつも、頭の中でいろいろな気持ちがぐるぐるtyphoon回っています。

お義母さんは、私が背負うかもしれないリスクと子供への影響を心配していました。リスクが大きいなら産むのは反対だと。
抗リン脂質の人から生まれてくる子供には、どんなリスクがあるんだろう。。。普通の人と変わらないのかな?SLEを発症したら、どんなリスクがあるのかな?私がSLEを発症する確率はどのぐらいなんだろう?わからないことだらけ。
名古屋のA先生に今月会うので、その時までに聞きたいことをまとめておこうsign03ちゃんと聞いて、ちゃんと知っておこう。意外と心配するまでもないことかもしれないしhappy01

ママになりたい・・・/たまご日記 Book ママになりたい・・・/たまご日記

著者:ゆう,間下このみ
販売元:ランダムハウス講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑この本も一緒に渡してきました。
私が読み、旦那が読み、私の母(父も?)が読んだものです。抗リン脂質と言われた時に取り寄せました。
間下このみさんの言葉もグッとくるし、ゆうさんの、旦那の立場としての言葉も泣けます。と同時に、実話すぎて(?)とても怖いです。自分の歩む道かもしれないから。。。
私は妊娠→出産するのに、どれだけ乗り越えなきゃいけないことがあるんだろう。出産というだけでも怖いと、1年前は思ってました。でも今は、そこに至るまでの道のりもとても怖いです。やっぱり時々、子供が欲しい気持ちがどれくらいなのか解らなくなります。。。

追伸
今日は総合病院(内分泌代謝科)へ行ってきました。それについてはまた明日書きます。

|

« ベビーシューズ制作 その後 | トップページ | 通院(内分泌代謝科) »

不育症」カテゴリの記事

コメント

みふぃさん、こんばんは。

私も抗リンと診断されてからSLEの併発が不安になり、不妊と不育でお世話になっている大学病院の総合診療科で検査をしましたが、現段階ではSLEは発症していないとの診断結果でした。
今後妊娠や出産など、何かをきっかけにSLEを発症する可能性はゼロではないようで、不安は尽きません。
けれど、もし発症してしまったら、その時はできるだけの事をして、病気をなるべく自分の個性として受け入れるように努力しようと思っています。

子供が何でここまで欲しいと考えるのか、私も答えが全く出ません。
きっと本能なのだと、私は勝手に思い込むようになっちゃいました(^-^;

お互い、考え始めたら不安ばかりですが、信頼できる医師などに質問したりして、少しでも不安を解消していきましょうね!

投稿: マミ | 2009年2月10日 (火) 01:59

こんばんわ。義両親さんのお優しい言葉に、涙がこぼれました。
私も3度目の流産のあと、自分の親、義両親、祖母からも同じような事を言ってもらいました。
自分の体を・・・と言われても、私もなぜかすごくベビを望む気持ちが消えません。
私は、多分抗リンではないので間下このみさんの本は読んでないですが、リスクとか影響とかを思うと、少し臆病にもなります。特に前回は染色体異常での流産だったので。。
お互い、沢山考えて、苦しんで、でも納得の行く道をすすんでいけますように。

投稿: ゆう | 2009年2月10日 (火) 20:27

マミさん
こんばんは。私も今月膠原病内科の先生とお話をしますよ。不安ですよね、わからないことだらけで。マミさんSLE発症してなくてホント良かったですね。これからの不安はやっぱり残りますが…。
私もなぜ子供が欲しいかについて、最終的に辿り着く結論は、本能だからです。気力が続く限り子供を産むことに対して頑張ろうと思います。気持ちの揺れはありますが、それも人間だし仕方ない!と友達にも言われてしまいましたsweat02

投稿: みふぃ | 2009年2月11日 (水) 21:35

ゆうさん
こんばんは。やさしい言葉をありがとうございますconfidentゆうさんも、やさしいご家族に囲まれているんですね。ストレスはベビ待ちの身体には大敵なんで、良いことですよね。
自分の身体のことだから、たくさんたくさん考えて、悩んで、苦しんで…でも、辿り着く先は「子供を産んで育てたい」と同じなんですよね。これから先、叶うかどうかはわからないけど、希望を持って暮らしていけたらいいなって思います。

投稿: みふぃ | 2009年2月11日 (水) 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152870/27937421

この記事へのトラックバック一覧です: カミングアウトと心の揺れ:

« ベビーシューズ制作 その後 | トップページ | 通院(内分泌代謝科) »